AJ

山海の幸を丼に満載「神楽めし」

2014年3月29日

島根の山海の幸を丼に満載した
石見の「神楽めし」

日本海の荒波で育つ海の幸と、三瓶 連峰をはじめとする山間部の山の幸に恵まれる、石見地方のご当地グルメとして誕生したのが、伝統芸能「石見神楽」をモチーフとした「神楽めし」(http://kagura-meshi.all-iwami.com/)だ。

JR浜田駅近くのホテル松尾では、『吉兆』出身の主人が、日本海の新鮮な海の幸をふんだんに取り入れた「海賊丼」を考案。温かい白飯の上に新鮮な魚介類がどっさり。扇の形をしたウチワエビの半身、地アナゴの天ぷら、サザエ、イクラ、ホタテ、イカなどボリュームも満点。カジメと呼ばれるワカメや錦糸卵、シイタケも加わり目にも舌にも美味しい丼である。

ホテル松尾

Category: TOPスクロール画像, 地域情報, 島根, 島根県, 日本食, 泊まる