AJ

名湯で味わう豪華、松葉ガニや伝統料理

2014年3月29日

山陰の名湯で味わう
豪華、松葉ガニや伝統料理

白鷺が足の傷を癒したことから、その名が付いたと伝えられる「さぎの湯温泉郷」。創業105年の「さぎの湯荘」は和モダンの宿として欧米人の利用も多いが、地元の食材を使った美しき日本料理でも人気が高い。

冬季はカニやイノシシ、鴨の鍋も登場し、山陰の冬の味覚を満喫。なかでも松葉ガニ(11月中旬~3月上旬)は、その時期、島根を訪れたからには、ぜひとも味わってみたい食材。茹でガニや天ぷら、鍋で堪能しよう。また『安来節』の地元であることから、古くから伝わる「どじょう料理」も。黒毛和牛の霜降り肉「しまね根牛の陶板焼き」もおすすめだ。

さぎの湯荘 房

Category: 地域情報, 島根, 島根県, 日本旅館, 温泉