AJ

島の一大行事「キンニャモニャ祭」へ

2015年4月10日

島滞在2日目は島で一番大きな祭『キンニャモニャ祭』当日。朝から島は高揚した空気に包まれていた。海士町発祥の民謡「キンニャモニャ」。“キン(金)もニャ(女)も大好きで、モニャ(文無し)”の杉山松太郎爺さんが歌った民謡だと伝えられているが、定かではない。この民謡に合わせて、子どもも大人もしゃもじを両手に持って踊り続ける祭だ。

毎年8月の第4土曜日、1000人規模の踊りパレードや水中花火が行われる。誰でも参加できるので、島外からの踊り手も多い。踊り方がわからなくても島の人たちが親切に手ほどきしてくれる。観るだけでなく参加できるのが魅力だ。実際参加して踊り終え、吹き出す汗を拭いていると、少し島の人になれたような気がした。

Category: 地域情報, 島根県, 祭り, 隠岐