AJ

富山

昆布〆 かぜの北前や

昆布〆 かぜの北前や

店主が試作を繰り返し厳選された「昆布〆」メニュー 富山駅から徒歩10分。「風の北前や」では、車鯛やシロエビ、バイ貝、ホタルイカの刺身をはじめ、とやま和牛、山菜など、昆布の持つ旨味成分で包み込み、味の相乗効果を生み出すメニ […]

Continue Reading

氷見の寒ブリ

氷見の寒ブリ

お嫁入りには天然ブリを。脂ののった最高級品「氷見の寒ブリ」 氷見漁港前に店を構える「ばんや料理ひみ浜」。 冬場のシーズン、氷見の寒ブリを使ったブリしゃぶといえば、ここだ。薄くスライスしたブリをさっと出汁にくぐらせ、きゅっ […]

Continue Reading

富山グルメ

富山グルメ

天然の生け簀「富山湾」立山連峰の恵まれた水流、富山グルメ (1) 水深450m以上の深海に生息し濃い紅色が特徴のベニズワイガニ。セリがはじまると十数分で終了。 新湊漁港 http://www.tairyonet.or.j […]

Continue Reading

生地蒲鉾

生地蒲鉾

婚礼や祭事の食卓を彩る細工蒲鉾「お裾分け」の文化 富山の結婚式といえば蒲鉾がつきもの。大きな鯛をはじめ、鶴亀、松竹梅、富士山、菊、扇子など、おめでたいものが描かれる。よく練られた魚のすり身を絞り出しの中に入れ、紅や黄で色 […]

Continue Reading

扇子昆布店

扇子昆布店

一度食べたら忘れられない、親子で削る「扇子昆布店」 同じ昆布といえども削り方一つで風味が変わる。おぼろ昆布に黒とろろ昆布。 店の奥には父と子の作業場が。昆布を一枚一枚丁寧に広げて手作業で丹念に削る。 削りたての香りがなん […]

Continue Reading

広貫堂資料館

広貫堂資料館

越中富山の薬売り「反魂丹」の広貫堂 白壁土蔵作りの建物の中に、300年を超える富山の薬売りの歴史が詰まる貴重な資料や道具を展示。 ひときわ目を引くのは、どこか懐かしく、かつモダンに感じられる歴代の薬のパッケージラベルのデ […]

Continue Reading

放生津八幡宮

放生津八幡宮

昆布と富山の歴史ロマン 天井絵が謎めく放生津八幡宮 大伴家持が、越中国に在任中の746年創始。応神天皇、仁徳天皇が祀られ、秋には、県の指定無形民俗文化財である築山行事、神輿渡幸祭、放生会が行われる。毎年10月1日に行われ […]

Continue Reading

富山鮮魚と四十物

富山鮮魚と四十物

昆布の消費量日本一、富山 鮮魚と干物の中間「四十物」 立山連峰から流れ出た水が湧き出る黒部市。昆布の産地である北海道から北前船が昆布の食文化を運び、地域で独自に発展。知床半島で採れる昆布の王様ともいえる高級昆布「羅臼昆布 […]

Continue Reading

富山の北前船

富山の北前船

船で往復した「のこぎり商売」は、商社のはじまり 北前船が行く、富山「昆布ロード」 富山港に近い富山市岩瀬地区。大町・新川町通りにある森家は、江戸中期から明治時代にかけて、日本海を中心に交易が盛んに行われていた北前船の廻船 […]

Continue Reading