AJ

伝統文化

浜松まつり

浜松まつり

大凧揚げに御殿屋台の引き回し 昼夜、浜松っ子の熱気冷めやらぬ、浜松まつり 「勇猛、果敢、家族愛、地域愛」毎年5月3日から5日まで開かれる浜松祭。我が子の誕生と健やかな成長を願うのは、家族だけではありません。町内の人からも […]

Continue Reading

真鶴伝統の貴船まつり

真鶴伝統の貴船まつり

海の男の心意気! 漁豊、無病息災、真鶴伝統の貴船まつり 東京から約90分、神奈川県の真鶴町。毎年7月27、28日の2日間、静かな港町は、熱く沸く、祭り一色となる。海に、陸で、祭りばやしの音色が町中に響き、時には海の男たち […]

Continue Reading

島の一大行事「キンニャモニャ祭」へ

島の一大行事「キンニャモニャ祭」へ

島滞在2日目は島で一番大きな祭『キンニャモニャ祭』当日。朝から島は高揚した空気に包まれていた。海士町発祥の民謡「キンニャモニャ」。“キン(金)もニャ(女)も大好きで、モニャ(文無し)”の杉山松太郎爺さんが歌った民謡だと伝 […]

Continue Reading

宿場町の庶民文化を垣間見る民謡 「三島農兵節」

宿場町の庶民文化を垣間見る民謡 「三島農兵節」

三島農兵節の起こりは諸説あるが、江戸末期、すでに地元で唄われていた盆踊り唄などを、農兵訓練の行進曲としてアレンジしたことが広く知られるようになったはじめといわれている。当時を風刺した歌詞と独特の節回しが面白い。現在では、 […]

Continue Reading

武士の娘は「高島田」、 遊女・芸者の「なげ島田」

武士の娘は「高島田」、 遊女・芸者の「なげ島田」

低く平良に髪を結う 今や日本髪を結う機会など日常では少なくなっているが、結婚式のときに花嫁が結う「文金高島田」は広く知られている。これは、文化・文政時代に「投げ島田」「しめつけ島田」「くずし島田」とともに流行した髪結いの […]

Continue Reading

幕末に再会する人々~弾ける笑顔 黒船祭

幕末に再会する人々~弾ける笑顔 黒船祭

黒船祭はすでに75回を数える。日米政府、軍関係者のみならず、アメリカからも訪問団が来る。帰省する人、仮装行列に参加する人、ボランティアなど多くの人たちが、この日に、年に一度の再会を果たす。 町を歩いていても、そこここで旧 […]

Continue Reading

現役役者が指導する侍体験(約1時間)

現役役者が指導する侍体験(約1時間)

日本刀の使い方から殺陣まわりまで「侍の心得」を指導。 着物に着替え、正座、刀止し、殺陣まで。 はじめは、刀を持つ手もぎこちないが、 1時間のレッスンを終える頃には、決闘!?シーンまで演じられるように!? Sales co […]

Continue Reading

唐津くんち

唐津くんち

赤、青、金……、鯛、獅子、兜…… 14台の曳山が集結「唐津くんち」 九州には秋祭りのことを「おくんち」と呼ぶ名残がある。唐津くんちは、佐賀県唐津市の唐津神社周辺にて11月2日~4日の3日間行われる唐津神社の秋季例大祭だ。 […]

Continue Reading

海岸を荘厳に駆け抜ける 「吾妻神社 馬だし祭り」

海岸を荘厳に駆け抜ける 「吾妻神社 馬だし祭り」

東京湾に面した富津市岩瀬海岸にて、毎年9月17日、オメシと呼ばれる神馬とともに2人の成年が手綱を持ち疾駆する神事が行われる。

Continue Reading

佐原っ子 関東三大山車祭り「佐原の大祭」

佐原っ子 関東三大山車祭り「佐原の大祭」

「佐原っ子は、祭りのためなら会社も休む」。 毎年7月中旬(夏祭り)と10月の第2土曜日(秋祭り)を中日とし3日間行われる大祭。 総欅造りの山車の上部には、名人人形師により作られた高さ約4mに及ぶ大きな人形の装飾。夏祭りに […]

Continue Reading